「バーンボード」深く浸食された荒々しさが特徴。 | アンティークウッド(古材) | アルベロプロ(Albero Pro)

バーンボード (BARN BOARD)

バーンボード
BARN BOARD

深く浸食された荒々しさが特徴

主にバーン(納屋)の外壁材として使用されていた古材です。
長い年月をかけて、雨・風・太陽により激しく浸食された風合です。

  • 釘抜対応錆びて折れた釘まで、金属探知機で探し出し、すべて抜きます。オプション
  • 乾燥人工乾燥機により、10%以下に含水率を調整します。オプション
  • 製材大型バンドソーやギャングリッパーで製材します。オプション
  • 不燃国土交通大臣認定の不燃加工も承れます。オプション
  • うずくり(ブラッシング)加工2種類の特殊ブラシにより、木材の表面を研磨することで木目を立体的に表現します。オプション
  • ブリーチ古材の濃い色を薄くします。ワックスを塗ったり、オイル仕上げにした場合にブリーチをすると、地の色の影響が少なくなるため、より綺麗な仕上がりが可能です。オプション
  • 塗装対応ワックス、オイル&ワックス、ウレタンの塗装を承ります。オプション
  • 幅決加工通常古材は微妙に幅が異なりますが、幅を加工により揃えることで、施工性をよくする対応です。オプション
  • プレーナー加工表面を削ることで、厚みのばらつきや反りを揃える対応です。オプション

オプション この「+マーク」がついたアイコンはオプションで追加できる仕様となります。

アイコン一覧を見る

施工事例

特徴


解体前のバーン(納屋)一例

時代を感じさせるテクスチャー

シルバーグレイの色合いと浸食により深くエッチングされたテクスチャーはバーンボード独特のものです。
この深いエッチングは、まさに過ぎ去りし時を表しています。一方、ブラウン色にわずかにグレイ色が入った裏面もアンティークな独特の風合いを持っています。樹種はホワイトパイン、シダーが中心です。


解体中一例

種類

ロットにより色合い・テクスチャーは多少異なります。表面はグレー、シルバーグレーが主ですが、ロットによりブラウン系も入ります。

  • 表面(主な色合い:グレー系)
  • 表面の色合い・テクスチャーの差(一例)
  • 裏面(バック)
不燃古材

不燃加工品のご用意もあります

国土交通省認定の不燃処理を施した加工品のご用意もあります。風合いは、処理前後で大きく変わる事はありません。

不燃古材について詳しくはこちら

ATTENTION

古材特有の品質について

古材の要素として、表面の割れ、部分的欠け、節抜け、釘穴等が含まれます。これらは一定の基準を設けて検品を行なっております。

  • 表面の割れ一例(拡大)
  • 部分的欠け一例(拡大)
  • 節抜け一例(拡大)
  • 釘穴一例(拡大)

自社工場での加工・塗装サービス

表面を削るプレーナー加工や塗装も承ります。手を加えることにより更に豊かな表情を見せてくれます。

  • 表面(フロント)プレーナー加工
  • →
  • 表面(フロント)プレーナー加工・ワックス仕上げ

詳細

商品名 サイズ 仕上げ 販売価格(税抜)
バーンボード 厚み:18〜25㎜ 幅:120〜300㎜ 長さ:900〜3000㎜※ 無塗装 ¥16,800/㎡

※路線便による小口発送の場合、長さ制限のため2300㎜以下となります。

見積及び施工時の注意事項

ページの先頭へ