「スキャッフボード」様々な用途に適したイギリス産古材。 | アンティークウッド(古材) | アルベロプロ(Albero Pro)

スキャッフボード (SCAFFOLDING BOARD)

古材事業実績25年

スキャッフボード
SCAFFOLDING BOARD

様々な用途に適したイギリス産古材

スキャッフボードはイギリスの建設現場で作業床として使用されてきた古材です。
高所で使用されることの多いスキャッフボードは強度があり、テーブル天板や棚板製作にも適する素材です。

  • ハーフ使用目的に応じてお選び頂けるように、釘抜きをして厚みを1/2に製材したハーフもご用意しております。ハーフはコストや施工性に大変優れております。オプション
  • 乾燥人工乾燥機により、10%以下に含水率を調整します。オプション
  • 製材大型バンドソーやギャングリッパーで製材します。オプション
  • 不燃国土交通大臣認定の不燃加工も承れます。オプション
  • うずくり(ブラッシング)加工2種類の特殊ブラシにより、木材の表面を研磨することで木目を立体的に表現します。オプション
  • ブリーチ古材の濃い色を薄くします。ワックスを塗ったり、オイル仕上げにした場合にブリーチをすると、地の色の影響が少なくなるため、より綺麗な仕上がりが可能です。オプション
  • 塗装対応ワックス、オイル&ワックス、ウレタンの塗装を承ります。オプション
  • 幅決加工通常古材は微妙に幅が異なりますが、幅を加工により揃えることで、施工性をよくする対応です。オプション
  • プレーナー加工表面を削ることで、厚みのばらつきや反りを揃える対応です。オプション

オプション この「+マーク」がついたアイコンはオプションで追加できる仕様となります。

アイコン一覧を見る

特徴

イギリスの建設現場で作業床として使用されてきたスキャッフボード。
高所で使用されることの多いスキャッフボードは十分な強度があり、棚板や家具製作にも適する素材です。

また、使用されてきた現場の環境により風合いが異なります。
ロットにより色合い・テクスチャーが変わりますのでご検討の折には在庫と風合いの確認をして頂けますようお願い致します。

ロットによる色合いの違い(一例)

  • ペイント
  • ペイントブラッシング

古材特有の品質について

古材特有の要素として、表面の割れ、部分的な欠け、キズ、ペンキ跡などが含まれます。
これらは一定の基準を設けて検品を行っております。

  • 全体的な風合い(一例)
    • 表面の割れ(一例)
    • 部分的な割れ(一例)
    • 表面のキズ(一例)
    • 節抜け(一例)
    • 部分的な欠け(一例)
    • ペンキ跡(一例)

割れ・反り止め金具について

スキャッフボードには現場で付けられた割れや反りを防止することを目的とした金具がついている材が含まれます。

※オプション対応にて金具部分を切り落とすことも可能ですので詳細はお問合せ下さい。

種類

スキャッフボードにはスタンダートタイプと、厚みを1/2に製材したスキャッフボードハーフの2種類のタイプがございます。

  • スキャッフボードのスタンダードタイプ
  • スキャッフボードハーフ

詳細

商品名 サイズ 仕上げ 販売価格(税抜)
スキャッフボード 厚み:34~36㎜ 幅:210~220㎜ 長さ:900~3900㎜※ 無塗装 ¥10,700/㎡
スキャッフボードハーフ 厚み:16~18㎜ 幅:210~220㎜ 長さ:900~3900㎜※ 無塗装 ¥8,900/㎡

※路線便による小口発送の場合、長さ制限のため2300㎜以下となります。

SNS CONTENTS

ページの先頭へ