弊社床暖房対応複合フローリング『ノーブルパーケット』は、製品のコンセプト上、表面の素材に厚単板を使用したフローリングとなっております。
その為、木材の特性としての湿度変化による伸縮が発生します。
ご検討中のお客様、また、現在ご利用頂いているお客様につきましては、必ず一度、下記注意事項をご高覧下さい。

床暖房使用時のお願い

  1. 床暖房の連続使用時間が長期に渡ると、表面単板の収縮によりクラックや大きな隙間が空く原因に繋がりますので、
    必ずご使用にならない時間をおつくり下さい。
  2. 加湿器などを使用し、できるだけ室内の湿度を40~60%に保ってください。
    (なにも加湿等をされない場合、室内湿度は10%以下になることなることがあります。
    この環境下ではフローリングの表面単板が極度に収縮をする可能性があるためご注意ください。)
  3. 温度に関しては高温を避け、中低温でのご使用をお願い致します。
    (他の暖房器具と併用し、低温でのご使用をおすすめ致します。)
  4. ファンヒーターをご使用の際は、吹き出し口周辺が異常乾燥によりクラックの原因となる可能性がある為、
    定期的にファンヒーターを移動させてお使いください。
  5. カーペットや絨毯などのマットのご使用はお避け下さい。
    (マットを敷かれると床暖房の熱を放熱できず、高温になるため、大きな隙間が空いたり、
    割れ等のフローリングを劣化させる原因に繋がる恐れがあります。)

施工について

必ず、フローリングの下地として、12㎜の捨て貼りコンパネをご使用ください。