テーブル製作を例に、入荷古材から家具ができるまでをご紹介します | マジファニチャーメイキング | アルベロプロ(Albero Pro)

マジファニチャーメイキング
MAJI FURNITURE MAKING

テーブル製作を例に、入荷古材から家具ができるまでをご紹介します。

01材料選び

使用する古材の種類を決定します。輸入した古材で、家具用の選定基準を通過する割合は全体の約2割程度。
色や古材の風合いがよく、木目が詰んでいて割れや反りが少ないものを、厳選しています。

02釘抜き

良材のため、家屋・納屋・倉庫・工場などで繰り返し使われてきた古材。このため、輸入直後は、材に多くの釘が残されています。
これを1本残らず丁寧に抜き取ります。釘跡や穴等も生かして、家具製作を行ないます。


  • 中に入り込んだ釘は金属探知機でチェック

  • 釘抜きはすべて手作業

03人工乾燥

家具用に最適な材とするために、乾燥機に入れ含水率を調整します。


  • 上野原工場に設置されている木材乾燥機

  • 時間をかけて含水率を調整

04ブラッシング&サンディング

ブラシをかけ、残ったペンキや長年積もった汚れを落としていきます。その後、手作業のサンディングで表面を滑らかにします。


  • 機械によるブラッシング

  • 手作業のサンディングも施した木目→

05木地調整

木材の細部に手を入れます。角には自然な丸みをつけ、ささくれや割れ部分はペーパーでより滑らかに。
傷や穴をチェックし、それらを味わいに変えるため、数々の補修を施します。


  • 角は自然な丸みに

  • ペーパーで表面をより滑らかに

  • 表面を平滑にするテーブルの場合は、パテ埋めも

06木材カット

1枚の中でも最高の部分を残してカットし、サイズを調整します。


  • 機械で正確にカット

  • プレーナーで厚みを調整

  • テーブルソーで幅を調整

07ビスケット作業もしくは実合わせ

何枚かの木を接合し、1枚の天板にします。接ぎ方には2種類あります。

《ビスケット作業》

ビスケット作業は、接ぎ目となる厚み部分に数箇所の切りこみを入れ、ビスケットと呼ばれる葉型の木片を差し込みます。
そして、同じ箇所に切りこみを入れたもう1枚と、接ぎ合わせます。ボンドも使うため、乾くまで器具で固定します。


  • ビスケット(上)と
    ビスケット用の穴(下)

  • 2つの穴をビスケットで接合
    (専用ボンド併用)

  • 器具で固定し、乾燥
    (天板の製作)

  • 器具で固定し、乾燥
    (建具の製作)

《実合わせ》

実つきプランクテーブルでは、実の微調整をし、雄実と雌実(凸凹)を接合させることで1枚の天板を仕上げます。
(この場合、塗装を済ませた後に行ないます。)


  • 接ぎ目の凸凹を微調整

  • 3枚を実で組んで天板完成

08天板塗装およびサンディング

下塗りを施した後、専用のやすりで丁寧にサンディング。削られた塗料の粉をすべて取り除いてから、上塗りをします。
オイル・ワックス・ウレタンなど、木質を生かす仕上げから汚れに強い仕上げまで、お好みでお選びいただけます。


  • 手塗り

  • スプレーガン塗装

09脚部接合

重心バランスを考えて位置を決定、レッグを接合します。


  • 最適な位置にレッグを接合

  • 棚付きテーブル製作中

10完成

ページの先頭へ