アルベロプロニュース -フローリング製造販売と古材輸入販売- | アルベロプロ(Albero Pro)

【ポイント!】フローリングの仕上げの選び方(住宅編)

本日は、フローリングの塗装のお話です。
皆様はこの、塗装仕上げについてどのくらいご存知でしょうか?

そもそもなぜ、塗装を施すのでしょう?

その理由は、

「自分好みのカラーにしたい」
「美しいままフローリングを保ちたい」

など様々ですが、一番の目的は劣化や汚れ、摩耗から保護するためです。

そしてその仕上げ方法には種類があり、見た目や質感、そして塗装のもたらす効果も変わってきます。

アルベロプロ商品の塗装仕上げの種類

アルベロプロフローリングの塗装仕上げは大きく分けて、

オイル&ワックス仕上げアマニ油と蜜蝋が主成分の天然素材塗料を用いた仕上げ方法

ウレタン仕上げウレタン樹脂(プラスチック)の薄い塗膜でフローリングの表面を覆う仕上げ方法

の2つに分けられます。

では、この2つの仕上げ方法はどのような違いがあるのでしょうか?

ウレタン仕上げの特徴

フローリングウレタン仕上げイメージ写真■㈱アルベロプロ

ウレタン仕上げフローリング施工写真■㈱アルベロプロ

ウレタン樹脂がフローリングの表面を薄い塗膜で覆われる為、汚れに強く、耐久・耐水性に優れた塗装です。

その為、「お手入れの手間を減らしたい!」といった方や油や洗剤の跳ねやすいキッチン周りにオススメです。

また見た目は、光沢感のあるツヤツヤ質感で、重厚感があります。

※当社のウレタン仕上げは、天然木の自然な風合いを楽しめるよう、一般的なウレタン仕上げよりも光沢感のあまりないオイル調のものをスタンダードとしております(お好みに合わせてお選びいただけます/一部商品)。

 オイル&ワックス仕上げの特徴

オイル&ワックス仕上げフローリングイメージ写真■㈱アルベロプロ

オイル&ワックス仕上げフローリング施工写真■㈱アルベロプロ

オイル&ワックス仕上げは、天然素材塗料が木の内部に浸透する特徴があり、木が本来持っている質感と性質を活かした塗装です。

ウレタン塗装に比べると少しばかり耐久・耐水性に劣る部分はありますが、木の復元性が色濃く残っている為、多少の傷やへこみであればもとに戻ったり、あまり目立たなくなります。

また、アマニ油を主成分としたオイルには、木の内側からひび割れや劣化を防ぐ効果があり、オイル&ワックス仕上げの床は、丁寧にお手入れや管理をしていただければ美しさと快適さは何年たっても変わりません。
アルベロプロでは、繰り返し使用することで床が長持ちし、日々のお手入れが容易になる保護とワックス効果のあるオイル&ワックス仕上げ専用のフロアソープもご用意しております。

フローリングの仕上げ方法の選び方

上記で述べた通り、オイル仕上げ・ウレタン仕上げと言ってもその特徴は様々です。

それぞれの塗装の注意点も、

ウレタン仕上げはメンテナンスは楽ですが、大きな衝撃などで一度傷がついてしまうと自身での補修が難しかったり、

オイル仕上げは木の質感を最大限に楽しめる塗装ですが、キッチンなど水や油が跳ねる恐れのある場所に使用するとシミになりやすかったり…となかなかオールマイティーな塗装はありません。

これから先たくさんの思い出が詰まってゆく大事なお家だから、
リラックスできる大好きなカラーや仕上がり感で選ぶことはとても大切です。

だからこそ、その塗装がもたらす効果にまで目を配り、より快適に過ごせる空間を作ってほしい。

アルベロプロフローリングは自社工場での塗装を行っている為、同じ種類のフローリングでも、
ゆったりと寛ぐための寝室や家族が集まるリビングにはオイル&ワックス仕上げに、
水や油汚れを気にせず楽しくお料理のできるキッチンやダイニングにはウレタン塗装に、
など、一つのお家の中でも自由に組み合わせてお選びいただけます。

カラー
仕上がり感
塗装の効果
使用場所

ぜひ、これらすべてに目を配り、皆様の生活に最適な商品をお選びください。

当社スタッフはフローリング古材・家具、「木」に関するプロが揃っています。
商品についてのお問合せはもちろん、フローリングの選び方から日常のメンテナンス方法までお困りごとや不明点がありましたらご相談も随時受け付けておりますので、ぜひお問合せ下さい。

 

ページの先頭へ